エレミ

エレミはフィリピンが原産地の植物で、30メートルもの高さにも成長する熱帯樹木です。フランキンセンスの近縁種で、これらの植物と同様にエレミも中東では数千年前から様々な用途に重宝されてきました。

樹皮に切り込みを入れるとオレオレジンと呼ばれる樹脂が染み出し、この樹脂は最初は白色ですが時間とともに黄色がかった色に変化していきます。これを水蒸気蒸留することでエレミのエッセンシャルオイルが抽出されます。また、エレミのエッセンシャルオイルはクリームや軟膏などの原料としても使われています。

エレミのエッセンシャルオイルは柑橘系に近い爽やかさに、ややスパイシーな強い香りが特徴です。近縁種のフランキンセンスの香りにも似ており、心にぬくもりを与え、穏やかで平和な気分にしてくれる香りです。一方で眠気を誘うことがないので瞑想の際の香りとしても利用されます。精油の特性もフランキンセンスと共通性があり、代用品として利用されることもあります。

  • 最終更新:2011-01-17 19:24:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード