シソ

そう、ご存知のシソである。
漢字で書くと紫蘇のシソである。

香りについては説明不要。
想像通りのシソの香りである。
知らない方がいたら、それはきっと知らない方が悪い。( ゚д゚)、ペッ

それくらいメジャーだよね☆

最近流行の和のアロマ界の急先鋒。
シソの持つ、清々しい香りで爽やかな気分に。
殺菌&防腐作用にも優れているぜ!
夏バテ予防にも持って来いなので、是非試して見てね!
でも、ご飯にはかけちゃだめだよ(*´`ω´)/

ちなみにシソの語源は中国のお医者さんである、
華佗(かだ)さんが薬草を煎じて紫色の薬を作ったんだって。
で、その薬を使って、食中毒で死に掛けた若者を治したんだと。
でそこで使われた薬草を『紫色』の『蘇る』薬って事で『紫蘇』と呼ぶようになりましたとさ。

もひとつにちなみにだが、
この華佗は三国志で有名な曹操の主治医だったんだ。
でも、本取りにお家に帰るって言って、戻ってこなかったらしいよ。
それに起こった曹操に殺されちゃったんだって・・・カワイソウ・・・

コレはもう、エゴとエゴのシーソーゲームだね☆
紫~蘇~・・・

ふ~いっぱい書いた~( ゚Д゚)y─┛~~


  • 最終更新:2010-05-18 12:05:44

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード