ラベンダー・フレンチ

今日のアロマテラピーの世界では、確実に、間違いなく、最も多く使われるエッセンシャルオイル

「万能精油」の二つ名を持つ程に幅広い用途で使用できる上に、
穏やな作用で、子供やご老人に対しても、安心して使えるハイスペックなエッセンシャルオイル(精油)です。


アロマテラピーを初めて体験するという方は、はじめの一歩としてラベンダーから入ることをオススメします。

フローラル調の心地よく、穏やかなの香りは、不安感をほぐし、ゆったりとした気持ちに落ち着かせてくれます。

寝室の香りとして使えば、心地よい眠りにつけます。
他にも寝室のアロマランプや、お休み前のアロマバスなどの使用は特にオススメです。

★アロマバスの方法
お湯を張った浴槽に3~5滴程度を落とし、良くかき混ぜてください。
ゆっくりとお湯につかっていると、ラベンダーの持つ、優しい香りがココロをカラダに作用し、心地よく眠りに入る準備をさせてくれるので。

また、ラベンダーは他の精油とのブレンドとしても活躍します。
時々、ラベンダーの香りが苦手という方もいらっしゃいますが、そんな時は、
ベルガモットなどの柑橘系精油と混ぜてみてください。

心地よい爽やかな香りになります。
他もにクラリーセージカモミールマジョラムとも相性がよく、素晴らしい香りに変化します。

基本的にエッセンシャルオイルは原液を直接、肌につけてはいけません。
しかし、ラベンダーとティーツリーだけは例外的に、少量ではありますが、肌につけて使うことができます。
ごく僅かな量を手の甲などに着けると、お出かけ先などで必要になった時にも非常に便利に使うことができます。
※注事前に必ずパッチテストを受けてください。


  • 最終更新:2010-09-13 13:54:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード