リツェアクベバ

アジアが原産のリツェアクベバはローレルとシナモンの近縁のクスノキ科の低木です。
レモングラスに似た香りがしますが、植物種は全く違います。

エッセンシャルオイル(精油)は果実から水蒸気蒸留で抽出されます。
リツェアクベバの葉からも既にレモンのような香りがします。

フレッシュな甘さがある分、レモングラスよりも心地よい香りと感じる人も多いみたいです。
気分を力強く高揚、刺激してくれますので、ヤル気が磨耗しているときにも、明るい未来を感じさせてくれる生気が蘇ります。

レモングラスと同じように優れたデオドラント効果があります。
そして、抗菌特性もあるため、風邪の季節など、菌が心配なな時期に使えば、爽やかな香りの成分で部屋の空気を健やかに浄化してくれます。
アロマランプに数滴落として香らせるほか、外出後などスプレーで散布しても良いですね。

また、リツェアクベバのエッセンシャルオイル(精油)はほとんどが中国産です。
元から中国産なのでバッタ物だと疑う心配が希薄です。

  • 最終更新:2010-10-15 15:17:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード