ローズマリー

ローズマリーにかかわる伝説的なエピソードは、数多くあります。
長い歴史の中でいかにローズマリーが人々に親しまれ、オイルマッサージ 目黒のように活用されてきた植物であるかを示しています。

es.jpg

食用以外の目的に用いられてきたハーブもたくさんありますが、その中でもローズマリーは最も古い歴史をもつもののひとつに数えられます。
同時に、宗教的儀式や料理においても古くから活用されてきたハーブです。

古代エジプトのファラオの墓からも副葬品としてローズマリーの小枝が見つかっています。
古代ギリシアでは、宗教儀式の薫香としてローズマリーの小枝を燃やして使っていました。
古代ローマでも、ローズマリーの香りにはアロママッサージ 大阪のように悪魔祓いをする力があると考えられていました。

ローズマリーの逸話の中で最も有名なのが、ハンガリーの王妃エリザベトが使用したハンガリアンウォーターのエピソードでしょう。
尼僧から献上されたローズマリーを主成分としたハンガリアンウォーターを使っていたエリザベト王妃は、七十歳になってからポーランドの国王からプロポーズされたと言い伝えられています。

  • 最終更新:2010-12-23 18:55:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード